洗面台の水漏れで知っておきたいこと

洗面台の水漏れで知っておきたいこと 家屋や賃貸物件などで生活をする際に、水廻りの機器からの水漏れを絶対に避けることは難しいものです。洗面台はそうした問題が起こり得る場所の一つなので、水漏れ 修理の方法を学んでおき、いざというときに対応ができるようにしましょう。水漏れ 修理は簡単なものも存在しますが、間違ったやり方だと二次被害を起こすリスクを抱えています。慌てて間違った対応をしないよう、しっかりと知識を収集しておくのが大切です。

■蛇口からの水漏れ

洗面台の蛇口からの水漏れも、蛇口からと根元からの2パターンに分類されます。これらは漏れている箇所こそ違うものの、原因は同じ可能性があります。まず疑われるのは内部部品の劣化です。この部品はパッキンやカートリッジなどで、新しいものに取り換えれば症状が治まります。センサー付きのタッチレス水栓など、蛇口が複雑な構造になっていると感じたら、自分で修理するのではなく業者に依頼すべきです。稀に本体が劣化していて修理が困難なこともあるので、その場合は本体ごと交換が必要です。

■洗面台下のチェック
洗面台は収納スペースとなっていることが多く作りは比較的シンプルです。水漏れを発見したときの確認すべきポイントはある程度決まっています。まずは、漏れてしまっているところを発見します。少し水が出てしまうものの、確認するときは実際に水を出してみることが一番です。被害を拡大させないために収納している物は全て出しておき、バケツや雑巾などを用意したうえで作業に取り掛かります。
このときに見ておきたいのは、洗面台の下にあるパイプやホースです。特にホースは洗面台の下に物を収納している場合、ぶつけると破損させる恐れがあります。洗面台の下にS字のように曲がっているパイプがあれば、それは排水管です。曲がっているパイプとの接続部分から漏れてきているのなら、ナットの緩みもしくは内部部品の劣化を疑ってください。
このほかにも、止水栓も見ておきましょう。止水栓から漏れているのであれば、元栓を閉めます。蛇腹ホースは、レバーハンドルとシャワーヘッドを繋いでおり、レバーハンドル側のナットをモンキーレンチで緩めます。それぞれ取り外して、新たな部品へに取り換えましょう。

■給水管や止水栓からの水漏れの場合

洗面台における給水管や止水栓の水漏れの主な原因はパッキンの劣化です。パッキンさえ交換してしまえば修理して使い続けられます。止水栓がハンドルで操作できるするものであれば工具は不要ですが、そうでないものはコインなどを溝に入れて回せば操作できます。
パッキンを交換するときは、まず止水栓と給水ホースを繋ぐナットを緩めましょう。パッキンが見えたら新しいものと交換します。交換後は再び組み立てて、止水栓を開き問題無ければ作業は完了です。
止水栓の作業は事前に水道の元栓を閉めておきましょう。元栓は屋外にありますので、普段からどこにあるか場所を確かめておくといいでしょう。

■まとめ
洗面台からの水漏れを予防するのであれば、毎日の使い方を見直すという方法もあります。ホースが破損してしまうのを防ぐために、洗面台下の収納は物を入れすぎず、出し入れする時も力を入れて対応しないようにしましょう。給水管や排水管からの漏れを防ぐのであれば、ナットなど接続している部分の定期的な確認が重要です。
しかし、どんなに予防していても水漏れが起こることはあります。
洗面台下で行う水漏れ 修理は自分でも簡単に行えますが、パッキンの交換などは間違った部品を使ってしまうとせっかく修理しても直っていないことがあります。もしも難しいと感じたときは、修理業者に原因を伝えるとスムーズに修理対応してくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース